ウェイトゼロ 副作用

副作用はあるの?ないの?

ダイエットサプリのウェイトゼロは、短期間で効果的に痩せることができると、SNSでも話題となっていますよね。

 

でも、それだけ速攻性があり短期間で減量をすることが出来るということは、体に良くないんじゃないか?副作用や安全性が心配ですよね。

 

直接、自分の体に摂取するものだからこそ、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回はウェイトゼロの副作用や安全性についてご紹介したいと思います。

 

ウェイトゼロの副作用や安全性に、少しでも不安を持っている方は是非参考にしてください。

 

 

ウェイトゼロの副作用は?

 

まずは副作用から見ていきましょう!

 

口コミなどでは、ウェイトゼロによって副作用がでたという報告は、見当たりませんでした。

 

そこで、ウェイトゼロにはどんな成分が配合されているのかを、調べてみました。

 

 

朝専用[脂肪分解剤]

 

『Lカルニチン』脂肪燃焼

 

『シトラスアランティウム』蓄積脂肪の分解

 

『黒コショウ抽出物』痩身相乗効果

 

『生コーヒー豆エキス』脂肪燃焼

 

『ブラックジンジャー抽出物』燃焼と基礎代謝のアップ

 

『ヘンプ種子パウダー』脂肪燃焼とデトックス

 

『チオクト酸』脂肪燃焼と脂肪の制御

 

『グレープフルーツ』脂肪燃焼の促進

 

 

夜専用[解毒排出剤]

 

『ハネセンナイキス』排出燃焼

 

『酸化マグネシウム』排出

 

『有胞子性乳酸菌』整腸作用

 

『野草発酵エキス末』毒素の排出と満腹中枢

 

『ケフィア粉末』整腸作用

 

『難消化性デキストリン』脂肪吸収の抑制

 

『明日葉末 』排出と整腸作用

 

『スピルリナ』膨満感と排出

 

『キダチアロエ末』脂肪蓄積の抑制

 

 

以上がウェイトゼロに配合されている成分なんですが、全部で17種類もありましたね!

 

中にはグレープフルーツや明日葉など、普段聞きなれている成分も入っていました。。

 

体質や現在服用されているお薬などにより、組み合わせが良くない場合がある可能性もあるかもしれません。ご自身でしっかりと成分の確認をして、ウェイトゼロを使用することをおススメします。

 

 

ウェイトゼロの安全性は?

 

実はウェイトゼロは、アメリカの肥満治療センターという肥満治療専用施設でも医療用として使用されているんです。

 

肥満治療センターでしか受けられない減量プログラムなんですが、重度の肥満治療剤としてウェイトゼロが使用され、患者さんを治療しているのです。

 

医療用の時は1粒だったようですが、一般販売の為に成分を分け、朝と夜の2種類のサプリが誕生しました。

 

肥満は最悪の場合、他の病気の併発など、命をおびやかすこともある深刻な問題となっています。この肥満治療センターではウェイトゼロの使用により、大幅な減量に成功し、命を救われた患者さんが多くいるようです。

 

医療用で使用されているのならば、安心できますね!

 

 

ウェイトゼロ副作用と安全性についてのまとめ

 

副作用についての口コミは見当たりませんでした。

 

アメリカでは医療用として使用されているので、安全性についてはひとまず大丈夫そうですよね。

 

また、ウェイトゼロは多数の成分が配合されています。人により体質などが異なりますので、ご使用の前に配合されている成分をチェックし、安全性を確かめた上で挑戦してくださいね。

 

 

>>ウェイトゼロの安全性を確認